記事一覧

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [Minecraft]どうしてもピストンエレベーターが作りたい その6

    引き続きRutee.さん考案の垂直押し上げ式ピストンエレベーターのコピーに挑戦。


    2013111501.png

    動画を何回も見直したところ、エレベーターを起動させるスイッチ・遅延回路・一部ですがピストンの補充、の3点を完成させることが出来た。最上部から押し下げてきたピストンの補充部分は、正直自分で考えるしかないと思っていたので嬉しい誤算です。
    その変わり押し上げる回路が逝きましたwスイッチを組み込む際かな?動画にもなかった部分削ったら動かなくなりましたね。

    スイッチを押すと


    2013111502.png

    最上部まで足場が移動し


    2013111503.png

    最下部の方だけですがピストンの補充がされます。


    2013111504.png

    足場の補充と1段のずれはこの段階ではまだできてませんが、足場の横の回路を動かすことで


    2013111505.png

    足場の補充と、足場より上のピストンが定位置に戻るようになりました。


    2013111506.png

    最上部はこんな感じで残るので、最上部の回路でこの残ったのを回収しつつ下に押し下げていく形になるんでしょうね。



    前回の記事でエレベーターのルーチンを以下のように想定してました。

    1.スイッチを押す。
    2.正面から見て右側の回路で上まで押し上げていく。
    3.同時に下から1段のずれを修正する回路へ信号を送る。ここでまず96マス分の遅延リピーターの回路に信号が届く。
    4.右側の押し上げる回路と同時進行でピストンの補充回路が動く。
    5.足場が最上部に到達する。
    6.最上部のピストンを押し下げる回路が足場を感知して、押し上げた場所とは別でピストンを押し下げていく。動画内の説明であったピストンの柱に該当すると思われ。
    7.3の信号とリンクさせて、6で押し下げてきたピストンを下に補充する?
    8.正面から見て左側の回路が起動し7で補充してきたピストンを一段ずつ押し上げる?それと同時にピストンを回収する。

    ですが、どうも違うみたいですね。具体的には

    3.同時に下から1段のずれを修正する回路へ信号を送る。ここでまず96マス分の遅延リピーターの回路に信号が届く。
    4.右側の押し上げる回路と同時進行でピストンの補充回路が動く。

    は、私の回路の作り方が途中だったのと余計に作ってた部分のため、下から1段のずれを修正する回路と補充する回路が動いてました。この部分正しくは

    1.スイッチを押す。
    2.正面から見て右側の回路で上まで足場を押し上げていく。
    3.スイッチから96マス分の遅延回路に信号が届く、終了後最下部12段分のピストン補充をする。
    4.3と同時に最上部で足場を感知?押し下げる回路が動き出し、連動してピストンの柱も動き出す。
    5.最上部からピストンが押し下げられてきて、不足した最下部12段分のピストン補充をする。
    ※足場と足場より上のピストン補充のタイミングは、もう一度よく動画見ないと分からず。

    って感じでしょうか?

    ピストンが柱のよう縦につなげているのは5で補充するためでした。



    これであと残す回路は、押し上げる回路とその後動く回収回路の修正・最上部・最上部から押し下げるピストンの柱・ピストンの柱とピストン補充回路の連動・ピストン補充回路とここまで完成してる回路との連動、の5点です。

    前回の記事で自分で考えなちゃいけない回路がなんたら、最上部を改造しなきゃいけない云々言ってましたが、もうちょっと隅々まで見たら上記の4点も実は動画見たら作れるって部分かもしれませんね。

    少しだけ終わりが見えた気がするんだけど気のせいかな?気のせいだな…w





    ではではノシ
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    お知らせ

    08/11 packslist廃止に伴い、テンプレートを以前使っていたものに戻しました。 08/11 タグの修正を行っております。現状約10%完了。

    月別アーカイブ

    twitter

    pictlayer

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。