記事一覧

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    自分用パックを作りたい 4

    いくつか新しく追加した分の紹介と3Dについて。



    一部のみ紹介ですが

    2015042303.jpg
    2015042302.jpg
    2015042301.jpg

    フェンス・色付きガラス・金床に石レンガ・クォーツ・ネザーレンガのテクスチャを割り当てました。

    地味に苦戦したのが色付きガラス。

    色付きガラスは透過テクスチャで、元のテクスチャより多少明るくなる仕様になってます。

    なのでブロックと同じ色にするには、色付きガラスに割り当ててるテクスチャの色合いを暗くする必要がありました。


    あと金床もブロックのテクスチャそのまま割り当てると真ん中に線が入ってしまうので、線がはいってないテクスチャを用意してそれを割り当ててます。


    2015042304.jpg

    それとドロッパーに割り当ててた本棚をきのこブロックへ移植。

    ドロッパーディスペンサー多分かまどなどフロント専用テクスチャがあるブロック全部そうな気がしますが、CTMのtilesの書き方が他のブロックと異なるようです。

    直すの途中で面倒になり、きのこブロックに移植って形にしました。

    柱時計、前の記事でID1個メタ1個で出来るかもって言ってましたが、ごめんなさい無理でした。

    柱時計の一番上のテクスチャが透過処理されてるブロックなので、必然的に氷やガラスなど透過されるブロックに割り当てる必要があったのと、全面と側面の2部構成になってるテクスチャなので、例えばドロッパーなどフロントがあるブロックに割り当てても結局メタは2個ないし4個使うことになるってことに、実際色々試してみてから気が付きました。

    話逸れますが、method=repeatは座標依存っての分かってましたが、方角によって若干変わってくるんですね。
    これ知らなくて、かなり苦労しました。


    あと現段階で確定したテクスチャの画像圧縮とプロパティファイルの見直しを行いました。大分軽くなった。


    あらかたブロックに関しては揃ったので、3Dの準備に入りました。

    当然最初に着手したのは、葉っぱブロックをBetter Grass & Leavesのようにすることです。

    どんなんだったからちょっと忘れてるので、実際のMODで見て確認したかったのですが。

    1.6forgeがjavaのアップデートに引っかかって起動できない問題がありまして。

    記憶を頼りにとりあえず試作開始。


    2015042307.jpg

    で、ベースはほぼ出来ました。

    あとは専用のテクスチャ用意して適用してやれば、それっぽくなると思います。


    2015042312.jpg

    で、葉っぱブロックのjsonファイルいじってる最中に気になったのですが、元々透過処理が施されているブロック等は右のようになり、石レンガなど非透過ブロックに関しては、左のように隣接したブロックが透けることを改めて確認しました。

    この点前々から知ってはいたんですが、これなんとか透過ブロックと同じ扱いにできないものか。


    2015042311.jpg
    2015042310.jpg

    で、また色々調べていたのですが、その過程でOptifine入ってない環境下でも草ブロックや葉ブロックの色が変化しない方法を見つけました。

    バニラのgrass.jsonだと、上面(upかな?)の記述に "tintindex": 0 ってのがあると思うんですが、それを消せばblocks配下にあるテクスチャをそのまま反映してくれます。

    なので上記2枚のSSのように平原だろうが湿地帯だろうが他のバイオームだろうが同じ色に出来ます。
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    お知らせ

    08/11 packslist廃止に伴い、テンプレートを以前使っていたものに戻しました。 08/11 タグの修正を行っております。現状約10%完了。

    月別アーカイブ

    twitter

    pictlayer

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。